紫外線やキズなどの肌ダメージが原因で発生してしまうシミ。顔にシミがあるとメイクで隠すのも結構大変ですよね。
最近顔のシミがかゆいという経験された方もいらっしゃるのでは?

そもそも、シミがかゆいのは何が原因なのでしょうか?

今回は、顔のシミがかゆい時に考えられることについてご紹介していきます。
顔のシミがかゆいのは正常なの?それとも異常なの?と気になっている方は、ぜひご覧になってくださいね。

顔のシミがかゆいことはある?

実は一般的にシミと言われるものがかゆくなることはありません。
そして、ご存知の方もいるかもしれませんがシミには種類があるのです。
それぞれのシミについてみていきましょう。

日光性黒子(にっこうせいこくし)

老人性色素斑とも言われるシミで、シミの中で一番一般的で多い種類です。
日常浴びる紫外線による肌ダメージが原因となり、メラノサイトが活性化させてしまうことで出来てしまいます。
正常に肌のターンオーバーが行われていれば、自然と排出されていきますが、ターンオーバーのサイクルが乱れたり代謝が悪くなると排出出来ずにシミとなり残ってしまいます。

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)

例えばニキビや吹き出物が出来た時に潰してキズになってしまったり、虫に刺されてかいてしまったりということはよくありますよね。
実は、この刺激によってメラノサイトが活性化し、肌の色素沈着がおきてしまうのです。
他にも、洗顔時やフェイスマッサージで顔を強くこすることも原因となりますので、スキンケアの際はあまり力を入れ過ぎないように気をつけましょう。

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンのバランスが乱れることでメラノサイトが活性化し、シミとなってあらわれます。
更年期の方に多いですが、ストレスなどで女性ホルモンのバランスが乱れた時にもおこります。

そばかす

そばかすは子供の頃から発生することが多く、遺伝的なものです。

当てはまるシミはありましたか?
やはりどのシミにも共通しているのは紫外線や外からの肌ダメージによって、メラノサイトが活性化してしまうこと。

日焼け止めを塗り紫外線を防ぐことが、シミ予防の第一歩となります。

そして初めにお伝えした通り、顔でもそれ以外の場所にあるシミでも「かゆい」という症状があらわれたら、シミ以外の可能性があるんです。

顔のシミがかゆい時に考えられることとは?

シミの部分がかゆいと感じる時は、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)かもしれません。

脂漏性角化症は良性の腫瘍で、シミと同じく紫外線の影響によるもの、肌の老化によるものです。
シミと違う点としては、皮膚に盛り上がりがあること。色は黒色や茶色の場合が多く少しザラザラしています。

色や大きさは人それぞれですが、徐々に大きくなることもあるそう。
もし黒色で盛り上がりがない場合は、悪性腫瘍の可能性があるので出来れば一度皮膚科を受診すると安心だと思います。

まとめ

いかがでしたか?
通常、顔のシミはかゆいという症状はほとんど無いと分かりました。
シミにも種類があるので、自分に当てはまるものは何なのか知っておくと良いかもしれませんね。

また、かゆい症状がある時や他に気になることがあれば、早めに受診することをおススメします。