シミ治療のためにレーザー照射するとかさぶたが出来る時期があります。

そうは言っても顔の場合、メイクでかさぶたを隠すのも大変ですよね!

早く取れてほしいけど、なかなか取れないとこのまま取れないっていうこともあるの?と不安になりますよね。

そこで、シミレーザー治療後のかさぶたは大体どれくらいの日数で取れるのかと、取れない場合どうすれば良いのかについて調査しました。

かさぶたが取れる期間はどれくらい?

人によって多少日数の違いはあるかもしれませんが、基本的にはシミ治療後2、3日でかさぶたができ始めます。

そして1週間を目安に徐々に剥がれていき、2週間たつ頃にはほとんどのかさぶたが取れます。

かさぶたが取れないことは通常ありませんが、いつまでも取れない場合はクリニックに相談してみましょう。

かさぶたはむずがゆくなって取りたくなってしまうこともあると思いますが、自然に取れないからといって自分で取ってしまうのはNGです!

というのは、無理にかさぶたを取ってしまうと炎症後色素沈着がおきる可能性があります。
シミの色素排出が上手くおこなわれないことで、また新たなシミが出来てしまうのです。

せっかくレーザー治療してシミをとっても、また違うシミが出来てしまったらとっても残念ですよね…そうならない為にも、かさぶたを無理に取るのは避けましょう!

かさぶたが取れないしかゆみが我慢出来ない!という場合は、保冷剤をタオルにくるんで冷やすとかゆみが和らぎますよ。

他に、何か気になることや不安なことがあれば、シミ治療を行ったクリニックに連絡すると的確なアドバイスをもらえると思うので相談してみて下さいね。

シミ治療後はアフターケアが大事!

せっかくシミにレーザーを照射しても、アフターケアをしっかり行わないと肌トラブルが起きてしまうこともありますので、注意点についてもご紹介していきます。

注意点は?

  • かさぶたを無理にとらない
    無理に取ってしまうと肌に負担がかかり、シミ発生を引き起こす可能性があります。
  • 刺激を与えない
    シミ治療後の肌はいつも以上にデリケートになっています。肌に刺激を与えてしまうと、メラノサイト活性化の原因となってしまうことがあります。

アフターケアは?

  • 日焼け止め
    日焼け止めは今後の肌の為にも欠かせません。しっかり紫外線対策しましょう!
  • 保湿
    レーザー治療後は特に保湿が大事。アフターケアには敏感肌用のスキンケアがおススメです。
  • 規則正しい食生活
    肌がデリケートな状態だからこそ、内面からのケアも必要になってきます。不規則な生活は肌の状態を崩す原因にもなりますので、規則正しい食生活を心がけましょう!

シミ治療後はアフターケアをしっかりして、肌の修復をサポートしましょう。

まとめ

シミレーザー治療後、1〜2週間でかさぶたが取れると分かりましたね。
もしいつまでも取れない時には、クリニックに連絡してみましょう。

また、シミ治療後は肌がデリケートなので、普段以上にスキンケアが大切になってきます。
肌に刺激が加わることで新たなシミの原因にもなってしまうので、無駄な刺激を与えないように注意しましょう!
また、紫外線対策も忘れずに!